TOP > 止むを得ない中断

止むを得ない中断

矯正治療のやむを得ない中断について

  1. 転勤などで通院できない場合

ステーションビル歯科から、転居先エリアで紹介できる先生がいる場合は、こちらで手続きを行い、継続して治療を行うことができます。また患者さま自身で転居先エリアで矯正歯科を探し、治療の継続を行うこともできます。いずれの場合でも、ステ−ションビル歯科での検査や治療経過の大切な資料はお渡しします。
矯正治療費は、地域や歯科医院によって異なりますので、一度料金の精算をしなければなりません。治療開始前に、治療費と治療期間のわかるバランスシートを提示しますので、こちらのバランスシートに基づいて精算させていただくことになります。

  1. ある期間矯正装置を外してほしい場合

 結婚式などで、一次的に装置を外したいこともあります。こいいう時は、一度装置を外し、再度装置を付け直し、治療を再開します。
  この場合は、装置代だけの費用で済みます。

  1. お母様へ

  治療中に赤ちゃんができて通院できない場合があります。この時は一度中断し、この期間は清掃に気をつけていただき、出産後、治療を再開することができます。
  治療期間は延びますが、治療費用は追加されません。

このページの先頭へ