TOP > 治療中のメイクは?

治療中のメイクは?

矯正中もキレイに!
矯正歯科治療をされる方は、何かしら口もとにコンプレックスを持っているもの。
そのコンプレックスを克服し、自分に自信を持つための治療中に、恥ずかしくて隠したくてたまらなくなるなんて、ナンセンスです。
おしゃれな矯正装置をつけたら、次は口もとをカバーするメイクに挑戦しましょう!

リップ、口紅
矯正装置を装着している期間は、口もとが少し出っ張った感じに見えてしまいます。
そのような状態の口唇にくっきりとした赤いルージュを引いてしまうと、立体感が出すぎてしまい逆効果です。
口唇の輪郭をはっきりとさせるペンシルも避けた方がよいでしょう。
淡いピンクやベージュ系などのナチュラルカラーの口紅を使用したり、リップクリームやグロスで潤いを与える程度にとどめておきましょう。
チーク、頬紅
ふんわりとしたチークを入れると、頬の血色が良くなり、顔全体が明るく見えます。
しかし、このチークは入れ方によっては頬がこけたように見えてしまいますし、そのせいで口もとが余計に出っ張ったように見えてしまいます。チークを入れるときは、頬骨の上にパウダーをふんわりといれ、ふっくらと見えるようにメイクします。そうすると頬や鼻の部分の立体感が強調され、口もとの出っ張りが目立ちにくくなります。
笑顔
口をきっちり閉じて矯正装置を見えないようにしようというところに気をとられてしまうと、きつく口唇を引き結んでしまい、無愛想な表情になりがちです。
矯正装置はすでにあなたのチャームポイントのひとつです。恥ずかしがらずに口を開けて笑いましょう(だからといって、大口を開けて笑ってはいけませんよ)。上の前歯6本くらいが少し覗くくらいがちょうどいいでしょう。鏡の前で、笑顔の練習をしてみましょう。きっと、笑顔に自信がつきますよ。

このページの先頭へ